土壌改良

(保水性、通気性向上)

ニーズ

ポーラスαを乾燥地土壌に混合することで、
農業の節水と収量拡大が実現できます

中東アフリカを中心とする乾燥の農業において、節水は重要な課題となっています

  • 例えば世界第四位のトマト輸出を誇るモロッコでは、トマト産地となっているのがサハラ砂漠の近傍という乾燥地
  • 水の有効利用が出来なければ農業が継続できません
  • 水をめぐる争いは紛争の直接的な要因にもなります

節水応用技術として点滴灌漑が活用されているものの、それでも水の需要を供給が上回っています

  • モロッコのトマト産地では点滴灌漑がほぼすべての農家で導入されています
  • 地下水位が毎年下がっており、現在では、100~150m地下からくみ上げるという例も少なくありません
  • 農業活動に占める水関係のコストが10~15%で、年々上昇傾向にあります

ポーラスαを土壌改良材として活用することにより、節水と同時に収量の拡大が可能で、国連機関も注目しています。

国際連合工業開発機関(UNIDO)による当社製品「ポーラスα」を活用した節水型農業技術の紹介

乾燥地向け節水型農業技術「ポーラスα」は、UNIDOの環境技術データベースに登録されています。(詳細はこちら

サンプル進呈中
お気軽にお問い合わせください

仕組み

ポーラスαの空隙が、適切な水分と空気を土にもたらし
点滴灌漑を導入しても更なる節水が可能です

競合比較

ポーラスαは、他の土壌改良応用技術と比して
長持ち、安価、簡単というメリットがあります

競合 ポリマー系保水材 バーミキュライト(*1) 珪藻土 ピートモス
特徴と課題
  • 高い保水性
  • 2年ほどで使用できなくなることがある
  • 使用後、石油化学製品のポリマーは取り出したほうが良いが、土壌と混ざるため除去が困難
  • 高価
  • 加水雲母類を600~1000℃で焼成したもの
  • 孔隙率が90%以上であり、土壌の透水性の改善に用いられる
  • 通気性や保水性などの改善効果も期待できる
  • 品質にムラが出やすい
  • 高価
  • 強酸性
  • 補肥剤
  • 価格が上昇しつつる
  • 品質にムラが出やすい
  • 一度乾燥すると保水性能が落ちる
ポーラスαの優位性
  • ポーラスαは10年以上利用が可能
  • ポーラスαは無害であるとともに組成が砂に類似しており、長期にわたって土中にあっても安全
  • ポーラスαは土壌に対して1割程度で済むが、バーミキュライトは2割が必要とされる
  • バーミキュライトは吸水に時間がかかるという特性があるがポーラスαはそのような特性が無い
  • ポーラスαは珪藻土よりも安価に提供可能
  • 中性に近いためpH調整不要
  • 乾燥しても保水性能が落ちない
  • ピートモスは水を含み空気層が小さいが、ポーラスαは大きな空気層を作り出せる

(参考)ポーラスαの土壌への適用の様子

セネガルでのポーラスαの活用の様子

圃場にポーラスαを敷き詰め、耕運機で混合するだけで作業が完了するため利用に特殊な技能は不要です

サンプル進呈中
お気軽にお問い合わせください

実例

ケニア、モーリタニア、セネガルにおいて
土壌改良材として成果を上げています

モーリタニアでの現地実証実験

2008年 11月トマト苗の移植
2009年 2月トマト収穫

仕様

仕様・諸元・利用条件


植生土壌量に対して約10%のポーラスαを混合します(投入量は、土壌の質によって増減します。詳しくはお問い合わせください)土壌のpHがアルカリ性になることがあるため、土壌の状況と酸性土のほうがよく育つ植物などの場合は、PH調整を行う必要があります(詳しくはお問い合わせください)

サンプル進呈中
お気軽にお問い合わせください