会社概要

当社は、ガラス発泡技術をコアとして
様々な応用技術を開発・展開しています。

会社名
株式会社鳥取再資源化研究所
代表者
代表取締役 竹内 義章
設立
2001年12月
資本金
4,000万円
本社
鳥取県東伯郡北栄町東園583
開発拠点
国立大学法人鳥取大学内
海外拠点
モロッコ現地法人:Tottori Resource Recycling Morocco S.A.R.L(アガディール市)
社員数
9名
※現在、当社のペループロジェクトへの参画(将来的な現地事業の経営人材候補)、及びモロッコ事業での長期インターンを希望される方を募集しております。ご関心のある方は、以下のリンクより募集要項をご覧ください。
事業内容
廃ガラスの無害発泡技術によるガラス発泡材製造(特許取得)
ガラス発泡材を活用した各種応用技術の開発・販売

  • フッ素吸着・分離(特許取得)
  • リン吸着・分離(特許取得)
  • 悪臭分解
  • 土壌改良
  • 塩類集積対策
  • 太陽光発電雑草対策

上記以外の新たな応用技術の開発も進めています。

目指すのは、地球環境を改善し次世代に受け継いでいくことです

地球温暖化、水資源の不足は農作物に限らず畜産物にまで波及、加えて70億人を超えた巨大人口は深刻な食糧不足、価格高騰といった形で私達に跳ね返り、地域によっては、紛争や略奪すら起きています。

使用済みガラス製品を特許技術により無害発泡させ、その高機能な多孔質製品「ポーラスα(Porous α)」の有効活用を専門としています。

これまでガラス発泡では困難とされていた無害発泡を実現する事により再資源化を一層促進し、環境負荷の逓減を通じて、住み良い地球環境づくりに少しでも貢献していきます。

悪化しつつある地球環境を少しでも改善し、蒼いままの地球を次世代に受け継いで行きます。

鳥取大学とともにコアとなる発泡技術の開発・研究を手がけ、応用技術の開発・販売はパートナーも活用しています

これらの技術の研究開発には、国や県からも高い評価を受けており、補助・支援を活用しています