土壌改良

(ケーススタディ)

ポーラスαは乾燥地の農業において、
灌水量削減、施肥量削減及び収穫量増加を実現してきました

モロッコ

トマト・インゲン・トウガラシ栽培にて、
灌水量削減・施肥量削減・収穫量削減を実現

当社はモロッコ、アガディールに子会社を設立し、主に水不足などを課題とする
生産者へポーラスαを通じた課題解決を行っております。

<栽培結果について>
各ケースに記載の栽培結果は、通常区画とポーラスα区画を同時に栽培し、結果を比較したものです。
灌水量・施肥量は実際の投入量、収穫量は新鮮重を比較しております。

ケース1:トマト栽培にて、灌水量削減・収穫量増加を達成
WP_catv_tomato
栽培圃場:スス・マッサ農業開発公団(ORMVASM*)実証試験圃場
対象作物:トマト
栽培期間:2015年9月-2016年4月
灌水方法:点滴灌漑
*Office Régional de Mise en Valeur Agricole du Souss Massaの略称

灌水量48%削減を実現

灌水量48%削減を達成

収穫量28%増加を実現

収穫量28%増加を実現

土壌・作物の分析を行っています。詳しくはこちらをご参照ください。

ケース2:インゲン栽培にて、灌水量削減・収穫量増加を達成WP_catv_greenbean栽培圃場:スス・マッサ農業開発公団(ORMVASM*)実証試験圃場
対象作物:インゲン
栽培期間:2015年9月-2016年4月
灌水方法:点滴灌漑
*Office Régional de Mise en Valeur Agricole du Souss Massaの略称

灌水量48%削減を実現

灌水量48%削減を達成

収穫量22%増加を実現

収穫量22%増加を実現

土壌・作物の分析を行っています。詳しくはこちらをご参照ください。

ケース3:ミニトマト栽培にて、灌水・施肥量の削減・収穫量増加を達成
WP_sp_minitomato栽培圃場:大規模生産者(S社)
対象作物:ミニトマト
栽培期間:2016年8月-2017年5月
灌水方法:点滴灌漑

灌水量 施肥量 収穫量
46%削減 46%削減 2.5%増加
ケース4:トマト栽培にて、灌水量・施肥量削減・収穫量増加を達成
WP_t_tomato栽培圃場:生産者組合(T組合)
対象作物:トマト
栽培期間:2016年9月-2017年7月
灌水方法:点滴灌漑

灌水量 施肥量 収穫量
40%削減 40%削減 7.5%増加
ケース5:トウガラシ栽培にて、灌水削減・収穫量29%増加を達成
WP_ag_pepper栽培圃場:中規模生産者(A社)
対象作物:トウガラシ
栽培期間:2016年9月-2017年7月
灌水方法:点滴灌漑

灌水量 収穫量
57%削減 29%増加

サンプル(5g)進呈中
お気軽にお問い合わせください

セネガル

長ネギ・インゲン栽培にて、収穫量増加を実現

粘土質土壌を改良し、収穫量増加を実現しました。

ケース1:長ネギ栽培にて、収穫量増加を達成
栽培圃場:セネガル農業研究学院(ISRA*)実証試験圃場
対象作物:長ネギ
栽培期間:2013年00月-2013年00月
灌水方法:点滴灌漑
*Institute Sénégalaise de Recherches Agricolesの略称

新鮮重比較で47%の収穫量増加を実現

新鮮重比較で47%の収穫量増加を実現

ケース2:インゲン栽培にて、収穫量増加を達成
栽培圃場:生産者(E社)
対象作物:インゲン
栽培期間:2013年11月-2014年1月
灌水方法:点滴灌漑

WP_Senegal_greenbeans_modified

新鮮重比較で88%の収穫量増加を実現

収穫時期 1回目:2014年1月6日 2回目:2014年1月12日 3回目:2014年1月21日
ポーラスα有り* 73㎏ 57㎏ 57㎏
ポーラスα無し* 58㎏ 24㎏ 2㎏

*各0.1haにて栽培

サンプル(5g)進呈中
お気軽にお問い合わせください

モーリタニア

トマト栽培にて、収穫量増加を実現

モーリタニアの科学技術研究所にて実証実験を実施。トマトの収穫量増加を実現。

ケース1:トマト栽培にて、収穫量増加を達成
栽培圃場:ロッソ市内
対象作物:トマト
栽培期間:2008年

ポーラスαを使用したトマト栽培圃場

ポーラスαを使用した圃場

WP_Mouritani_SP

ポーラスαを使用していない圃場

ポーラスα有り ポーラスα無し
収穫量 1.54㎏/㎡ 0.83㎏/㎡

サンプル(5g)進呈中
お気軽にお問い合わせください

日本

小松菜栽培にて、収穫量増加を実現

国内圃場にて実証栽培を実施。灌水量・施肥量、同条件下で収穫量増加を実現。

ケース1:小松菜栽培にて、収穫量増加を達成
栽培圃場:鳥取県倉吉市
対象作物:小松菜
栽培期間:2011年7月中旬―8月末

ポーラスα鋤き込みの様子

ポーラスα鋤き込みの様子

収穫物の比較

収穫物の比較

ポーラスα有り(新鮮重) ポーラスα有り(乾燥重) ポーラスα無し(新鮮重) ポーラスα無し(乾燥重)
収穫量 3265g 220.5g 1771g 114.5g

サンプル(5g)進呈中
お気軽にお問い合わせください